『子育て世代包括支援センター』

耳にしましたか?
チラシを目にした方いらっしゃいますか?

成田市でも、今年の4月から開設されていますが、なり☆すく編集会議内で、「名前だけ見ると難しそう」「チラシは見たけど・・・具体的にどんなことをするところなんだろう」「時間や場所は不便になったのでは・・・」という話題になり、取材に行ってきました!

 

◇場所は保健福祉館内

館内に入っていくと、カウンター上部に、職員の方々の手作り看板があります。

以前は、このカウンターで母子手帳の配布もしていましたが、今は、個別スペースに案内して頂けます。

少し話しづらかったことも、ゆっくり相談することができますね。

おもちゃなども用意されているので、子連れでの訪問も安心です。

 

◇母子健康手帳(以下、母子手帳)の交付場所と時間 

母子手帳の交付は、保健福祉館内の子育て世代包括支援センターのみに統一されました。

時間は平日8:30〜17:15です。

正直、これは不便になったな…と思いました。

でも、お話を伺うと、職員の方の「専門職員が、責任もって母子手帳をお渡ししたい」という強い想いがありました。

専門的な職員が常駐し、かつ、個室を確保できるところが、この保健福祉館だったそうです。

赤ちゃん相談や幼児健診もこの保健福祉館で行っているので、一度足を運ぶきっかけにもなりますね。

また、母子手帳の交付については、ご家族が交付を受けることもできます。
ただし、同居でない親族の方が代理人の場合は、委任状が必要です。
体調が悪い時や、どうしても日程や時間の都合がつかない場合は、電話で相談してくださいね。

 

◇母子手帳の交付〜すくすくおやこプラン

妊娠届を提出し、保健師さんが状況を伺った上で、母子手帳が交付されます。

必要に応じて、いつ頃どんな準備が必要か、具体的な情報を提供してもらえます。

母子手帳交付には、個人差はありますが約30分の時間を要するので、余裕をもって行くといいと思います。

 

◇母子手帳交付後も支援

市内にある様々な分野の機関が連携をすることで、必要な情報提供や、きめ細かい支援を受けることができます。

センター内には、保健師さん、栄養士さん、歯科衛生士さんがいらっしゃるので、専門的なことも相談できます。

成田市は、たくさんの子育て支援があります。
せっかくなので、是非、フル活用してくださいね!

 

◇気持ちにゆとりをもって子育てをしてほしい・・・

妊娠、そして出産、子育て・・・日々の喜びはもちろん、悩みや不安も変わると思います。

そして、それぞれ環境も違い、悩みも違います。
でも、きっと、同じ様な悩みを持っている人もいるでしょう。

今は、インターネットや本などで調べることもできますが、会って話をすることで、それぞれに合った糸口が見つかることと思います。

妊娠から出産、子どもの成長を見守り続け、できる限りの支援をし、気持ちを楽に子育てして欲しい、という熱い想いで設置された成田市の子育て世代包括支援センター。

温かい眼差しで迎えてくれる職員の方々がいらっしゃいます。

成田市内でももっと浸透し、たくさんの方に活用してもらいたいです。

 

最後になりましたが、健康増進課の方々、お忙しい中どうもありがとうございました。

 

 

 

成田市子育て世代包括支援センター】

成田市赤坂一丁目3番地1 成田市保健福祉館内

平日8:30〜17:15
TEL:0476(27)1111
Mail:kenko@city.narita.chiba.jp

 

なりた子育て応援サイト

なり☆すく「保健福祉館~利用のしかた」

 

 

by:ぶー&ホリジュン